HOME > CSR > 社会とのかかわり

CSR

社会とのかかわり

ヘルスケア分野での社会貢献

 当社グループではこれまで医薬品開発支援や企業年金に関わるシステム構築などを手掛けてきました。今後ますます超高齢化社会が進むことが見込まれている中で、医薬品開発支援や年金分野に加え、介護・医療の分野などへ事業の拡大を図り、社会に貢献していきたいと考えています。
 現在、年金分野においては、事業のほかに、年金制度に関する研究を行う「一般社団法人年金綜合研究所」の設立と運営を支援しています。
 当社グループは、年金制度の持続可能性に貢献すべく、年金に関する50以上のシステム構築案件に携わってきた経験があり、将来の年金制度の安定のためには、解決すべき課題が多く存在すると認識を深めています。年金綜合研究所の「国民の年金制度への信頼度向上を図るとともに、年金制度の長期的な安定に寄与する」というビジョンに賛同しており、今後も支援を続けていきます。

年金綜合研究所の概要

技術や業務ノウハウを発信

 CACグループは、創業以来アステラス製薬(旧山之内製薬)様やみずほ銀行(旧日本興業銀行)様をはじめ国内トップクラスの様々なお客様と長く関係を築いており、その取引を通じて得た技術やノウハウを蓄積してきました。この専門技術や業務知識を社内に留めず、社外へ発信しています。
 シーエーシーでは、技術レポート誌「SOFTECHS(ソフテックス)」を1974年に創刊し、現在まで40年以上にわたり発刊し続けています。「SOFTECHS」では、当社グループ社員やお客様社外識者が、その時々の技術テーマや当社グループが携わったプロジェクトなどについて報告・解説しています。
 また、当社グループが強みとする金融分野については、銀行業務、企業年金などの知識を体系的にまとめた書籍(『図解で学ぶ SEのための企業年金入門』『図解で学ぶ SEのため技術や業務ノウハウを発信社会との関わりの銀行三大業務入門』)をシーエーシー社員が執筆しています。金融業務に関わるシステムエンジニアのみならず、銀行業務をはじめて学ぶ方が必要となる情報をまとめています。
 2017年3月には、金融に関わる最新キーワードや銀行の業務、商品、サービスなどについての解説を事典形式にした『SEのための金融実務キーワード事典』を発行しました。

書籍SEのための金融実務キーワード事典

 

このページの先頭へ