HOME > 障がい者スポーツ ボッチャの大会にCACグループが特別協賛
~ボッチャの普及・支援を通して社会貢献に取り組む~

ニュース

障がい者スポーツ ボッチャの大会にCACグループが特別協賛
~ボッチャの普及・支援を通して社会貢献に取り組む~

2017/02/21

IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループは、2017年2月26日(日)に開催される国内トップクラスの選手達が出場するボッチャ(※)の大会『CAC BOCCIA JAPAN Team & Pair Championships 2017』に協賛します。

 (※)ボッチャとは
ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで、1984年のニューヨーク・パラリンピック大会からパラリンピック競技として採用されています。40か国以上に普及していると言われています。赤・青のボッチャボールを投げたり転がしたりして、目標のボッチャボール(ジャックボールと呼ばれる白いボッチャボール)に近づけ、その得点を争うスポーツです。

参考:一般社団法人日本ボッチャ協会 http://www.japan-boccia.net/

■協賛背景
株式会社CAC Holdings(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦)は設立50周年を迎えた2016年より、グループ会社である株式会社シーエーシー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂 明彦)及び株式会社CACクロア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:髙橋 久)と共に障がい者スポーツであるボッチャの普及・支援活動を行っています。

今回、本大会の「国際大会で本流となりつつあるボッチャ団体戦における選手の競技力の向上、戦術理解の向上」の目的に賛同し、特別協賛することになりました。

今後もCACグループは日本ボッチャ協会のスペシャルパートナーとして、各大会運営参画に留まらず、競技の円滑な進行に寄与するボッチャボール間の距離を測定するAndroidアプリ「(仮称)ボッチャメジャー(特許出願中)」の開発などを通じ、障がい者スポーツボッチャの普及・支援に取り組みます。

■『CAC BOCCIA JAPAN Team & Pair Championships 2017』とは
本大会は、先のパラリンピックで銀メダルを獲得した“火の玉ジャパン”をはじめ、2016年の選手権大会において上位の成績を収めた国内トップクラスの選手達によって行われる団体戦(チーム戦・ペア戦)です。ハイレベルな技術・戦術を駆使した熱戦が繰り広げられます。

■大会概要
開催日 : 2017年2月26日(日)
開催時間:10:00~開会式/10:30~競技開始/16:30~閉会式
開催場所: 西東京市総合体育館 http://www.nishitokyo-sports.net/sogo.html
主催  : 一般社団法人日本ボッチャ協会
共催  : MTNT共同事業体
特別協賛: 株式会社CAC Holdings、株式会社シーエーシー、株式会社CACクロア
協賛  : アクサダイレクト生命保険株式会社、株式会社アポワテック、株式会社東京アスレティッククラブ
協力  : 杏林大学 他

■CAC Holdingsについて
株式会社CAC Holdingsは、IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループの持株会社です。CACグループは企業の経営課題などを解決するITサービスや人事BPOサービス、社会保障分野の年金管理システムや年金制度研究、医薬品開発支援サービスなどの提供を通じ、より良い社会づくりに貢献します。

所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
設立年: 1966年
URL  : http://www.cac-holdings.com/


※本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

ボッチャ 試合イメージ

ボッチャボール

このページの先頭へ