株式会社CAC Holdings

HOME > IR情報 > CACグループ 早わかり

CACグループ 早わかり

CACグループの概要として、特徴など4つのポイントにまとめました。

CACグループとは
成長の軌跡
強み
これから
CACグループとは

IT &ヘルスケアサービスを国内外で展開する企業グループ

企業の経営課題などを解決するITサービスや CRO(医薬品開発支援サービス)などを提供しています。売上高は約500億円、従業員数は約4.800名、国内外6か国にある21のグループネットワークを活かし、グローバル事業を展開しています。

連結売上高

矢印

国内IT
海外IT
CRO
グループネットワーク
リンク
CACグループ成長の軌跡

積極的なM&Aと海外展開で成長

CACグループの母体である株式会社コンピュータアプリケーションズは1966年に設立され、ソフトウェア産業の拡大と共に成長をしてきました。1994年には、創業期に設立・出資した3社を合併し、株式会社シーエーシーを発足。東証一部に上場した2000年ごろからは、積極的なM&Aにより更なる成長を遂げてきました。 また、1978年の台湾法人設立を皮切りに、他社に先駆けて海外展開を開始しており、近年は、グローバル需要に応えるべく、M&Aなどを通して海外比率を高めています。

M&A
海外展開
リンク
CACグループの強み

社会や顧客のニーズ変化への対応力

CACグループは、日本の独立系ソフトウェア専門会社の先陣を切って誕生し、これまで時代によって変化する社会・顧客のニーズや課題に対応してきました。この変化への対応力がCACグループの強みです。

CACグループのこれから

デジタルトランスフォーメーションをチャンスと捉え、持続的成長を実現する企業へと生まれ変わります

CACグループは、近年の急速なデジタルトランスフォーメーションの進展に遅延なく対応し、持続的に成長し続ける企業グループとなるため、中期経営戦略(2018年度~2021年度)を策定し、目標達成に向けて取り組んでいます。

  

数値目標

中期経営戦略 基本方針

リンク
 
pickUp