株式会社CAC Holdings

HOME > IR情報 > CACグループ 早わかり

CACグループ 早わかり

こちらからグループ案内をPDFで御覧になれます(CAC Group Profile)。

CACグループの概要として、特徴など4つのポイントにまとめました。

CACグループとは
成長の軌跡
強み
これから
CACグループとは

IT & ヘルスケアサービスを国内外で展開する企業グループ

企業の経営課題などを解決するITサービスなどを提供しています。売上高は約500億円、従業員数は約5,000名、国内外にあるグループネットワークを活かし、グローバル事業を展開しています。

売上高 485億円(2020年12月期)
従業員数 4,960名(2020年12月31日現在)
グループ会社 21社(2021年2月28日現在)

上記数値は2021年6月末に事業譲渡したCACクロアの売上高等が含まれています。
※CAC Holdingsおよび連結子会社

CACグループの事業

国内IT事業

国内子会社におけるシステム構築サービス、システム運用管理サービス、人事BPOサービスなどの提供

主な事業会社

(株)シーエーシー
(株)アークシステム
(株)CACオルビス
(株)CACマルハニチロシステムズ

海外IT事業

海外子会社におけるシステム構築サービス、システム運用管理サービス、保守サービスなどの提供

主な事業会社

CAC AMERICA CORPORATION
CAC EUROPE LIMITED
希亜思(上海)信息技術有限公司
CAC India Private Limited
Inspirisys Solutions Limited
Mitrais Pte. Ltd.

グループネットワーク

グループネットワーク
リンク
CACグループ成長の軌跡

積極的なM&Aと海外展開で成長

CACグループの母体である株式会社コンピュータアプリケーションズは1966年に設立され、ソフトウェア産業の拡大と共に成長をしてきました。1994年には、創業期に設立・出資した3社を合併し、株式会社シーエーシーを発足。東証一部に上場した2000年ごろからは、積極的なM&Aにより更なる成長を遂げてきました。 また、1978年の台湾法人設立を皮切りに、他社に先駆けて海外展開を開始しており、近年は、グローバル需要に応えるべく、M&Aなどを通して海外比率を高めています。

M&A

※2021年6月末 CRO事業会社を売却しました。

海外展開
リンク
CACグループの強み

社会や顧客のニーズ変化への対応力

CACグループは、日本の独立系ソフトウェア専門会社の先陣を切って誕生し、これまで時代によって変化する社会・顧客のニーズや課題に対応してきました。この変化への対応力がCACグループの強みです。

CACグループのこれから

デジタルトランスフォーメーションをチャンスと捉え、持続的成長を実現する企業へと生まれ変わります

CACグループは、近年の急速なデジタルトランスフォーメーションの進展に遅延なく対応し、持続的に成長し続ける企業グループとなるため、中期経営戦略(2018年度~2021年度)を策定し、目標達成に向けて取り組んでいます。

数値目標

※ 業績予想修正を2021年8月12日に行い、2021年度の通期業績予想を売上高470億円、営業利益35億円
としております。また、修正値で算出したROE(予想)は7.8%となっております。

中期経営戦略 基本方針

リンク
pickUp