HOME > CACグループが障がい者スポーツボッチャの学生交流戦「CACカップ」を初開催

ニュース

CACグループが障がい者スポーツボッチャの学生交流戦「CACカップ」を初開催

2017/09/12

IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループは、2017年9月30日(土曜)に「第1回 CACカップ 学生ボッチャ交流戦」を開催します。

CACグループは、2016年より一般社団法人日本ボッチャ協会のゴールドパートナーとして障がい者スポーツボッチャの普及・支援に取組んでいます。今までに日本ボッチャ選手権をはじめとした国内大会でのグループ社員による運営支援や公式審判員としての大会参画等を行ってまいりましたが、この度、東京都内の特別支援学校に通う生徒を対象とした学校対抗のボッチャ交流戦を初めて開催します。これまでの大会支援等で培った経験を礎に、CACグループ社員自らの企画・運営によるボッチャ交流戦です。

CACカップには、都内の特別支援学校8校より、12チームが参加を予定しています。日頃の練習の成果を発揮すると共に、競技を通してボッチャ技術やマナー(スポーツマンシップ)の向上、さらにはエキシビジョンマッチを通してボッチャの楽しさを再認する場となることを目指しています。

また、CACグループが開発した「(仮称)ボッチャメジャー(特許出願中)」(競技の円滑な進行に寄与する、ボッチャボール間の距離を測定するAndroidアプリ)や「ボッカム」(目標となる白ボール周辺の様子を真上から撮影・投影するためのカメラ架台)を利用し、試合の展開を間近に見ることのできる観戦環境を用意します。観客の皆さんに、ボッチャで勝つための技術・戦略のち密さや奥深さ、面白さを体感していただけます。

CACグループは、今後も障がい者スポーツボッチャの普及・支援を通して社会貢献に取組んでまいります。

■大会概要
・大会名称:第1回 CACカップ 学生ボッチャ交流戦
・日程:2017年9月30日(土)開会式9:30~ 競技10:00~ 閉会式15:30~
・会場:有明スポーツセンター 7階 大体育室
    http://www.koto-hsc.or.jp/sports_center4/traffic/
・主催:株式会社CAC Holdings(本社:東京都中央区、代表取締役社長:酒匂明彦)
         株式会社シーエーシー (同上)
    株式会社CACクロア (本社:東京都中央区、代表取締役社長:髙橋久)
・後援:一般社団法人日本ボッチャ協会、東京都肢体不自由特別支援学校長会
         東京都肢体不自由特別支援学校体育連盟、公益財団法人江東区健康スポーツ公社
・協力:東京ボッチャ協会、杏林大学、株式会社アポワテック、有限会社スター・テック
・特別協力:マルハニチロ株式会社

■ボッチャ普及・支援に向けたCACグループの取組みについて
https://www.cac-holdings.com/csr/index.php

■CAC Holdingsについて
株式会社CAC Holdingsは、IT&ヘルスケアサービスを国内外で展開するCACグループの持株会社です。CACグループは企業の経営課題などを解決するITサービスや人事BPOサービス、社会保障分野の年金管理システムや年金制度研究、医薬品開発支援サービスなどの提供を通じ、より良い社会づくりに貢献します。

所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
設立年: 1966年
URL  : https://www.cac-holdings.com/

※本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。

CACカップ案内全文

このページの先頭へ