株式会社CAC Holdings

HOME > IR情報 > 経営方針・体制 > トップメッセージ
トップメッセージ 代表取締役社長 西森 良太

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2021年1月1日より代表取締役社長に就任しました。
これまでの歴史と伝統を大切にしながら、CACグループが成長できるよう努めてまいります。

現在取り組んでおります中期経営戦略(2018年度~2021年度)において、当社グループは既存事業における収益力改善や新技術の活用などによるDX(デジタルトランスフォーメーション)対応を推進しています。2019年度からは「株主価値の最大化」をそのコンセプトに加え、資本効率改善と株主の皆様への積極的な利益還元にも注力しており、2021年度のROE8%達成を目指しています。

2020年度(2020年1月1日~12月31日)は、年初からの新型コロナウイルス感染症拡大に伴うロックダウンや事業活動の自粛要請などにより、国内外の至るところで様々な影響が出ましたが、在宅勤務やオンライン会議などを活用し、大きな問題なく事業を継続することができました。

2021年度(2021年1月1日~12月31日)も不透明な状況が続くと見ていますが、アフターコロナ、ウィズコロナを見据えることはもちろんのこと、中期経営戦略最終年度として、戦略の要となるデジタルビジネスをさらに推進・強化していきます。
また、当社グループの中長期的な「あるべき姿」を考え、次の10年、20年に繋げる1年にしたいと思っています。
今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。