株式会社CAC Holdings

HOME > IR情報 > 経営方針・体制 > トップメッセージ

トップメッセージ

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2017年度、当社グループでは、成長が期待されるヘルスケア分野の進展や新技術・新事業領域の創出、国内外グループ会社連携強化による事業の拡大に取り組みました。この結果、AIを用いた新しいサービスの開発や、国内外子会社の連携による先進運転支援システム分野での案件開拓などが進みました。 一方、業績については、売上高は前年度比1.4%増と前年並みとなりましたが、利益面については、海外IT分野の不振等により、営業利益、経常利益ともに大幅減となり、収益面で大きな課題が残りました。


当社グループは、本年1月より、中期経営戦略(2018年度-2021年)をスタートさせました。 2018年度は、足固めの年として、今後の成長に向けた投資を行いつつも、デジタルビジネスへのシフトや事業再編、コスト削減等により、利益回復を図ります。  4年後の2021年12月期は、売上高700億円・営業利益40億円を目指します。既存事業を足場に新規事業領域を開拓、伸長させ、グループ全体でこの大きな目標の実現に取り組んでまいります。

株主並びに投資家の皆様におかれましては、引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
酒匂明彦

代表取締役社長 酒匂 明彦

代表取締役社長 酒匂 明彦