株式会社CAC Holdings

HOME > IR情報 > 経営方針・体制 > 中期経営戦略

中期経営戦略

CAC Vision 2030

テクノロジーとアイデアで、
社会にポジティブなインパクトを与え続ける企業グループへ

Let's make an impact

変化が激しい昨今の状況を鑑み、短期的な変動に左右されず持続的な成長を目指すため10年後のありたい姿としてCAC Vision 2030「テクノロジーとアイディアで、社会にポジティブなインパクトを与え続ける企業グループへ」を策定しました。

CAC Vision 2030ではCACグループにおけるAIやIoT等のデジタル技術やデータを活用したソリューションにより人ならではの多様な想像力や創造力を発揮させ、社会課題の解決につなげていくことを想定しています。そしてこのようなポジティブインパクトを与えるデジタルソリューションを定常的に生み出し成長させることで、高収益・高成長の企業グループとなることを目指していくものです。定量イメージと中期経営計画の位置づけは以下になります。

CAC Vision 2030 達成に向けた定量イメージ

CAC Vision 2030 達成に向けた定量イメージ

中期経営計画(フェーズ1:2022年度~2025年度)

既存受託事業における安定した収益の獲得及び
フェーズ2に向け継続的に新規プロダクト&サービスを生み出す仕組みの構築期間

成長戦略

プロダクト&サービス

  • 新規事業を継続的に立ち上げる仕組み・ビジネス基盤の構築
  • “Human Centered Technology”コンセプトによる『共創』
  • 事業投資、人材投資の推進

既存受託事業

  • 内部資源の拡充を図りながら成長を遂げる
高収益化戦略
  • 不採算事業の整理
  • 経営効率化
コーポレート
  • グループガバナンス体制や運用方法の見直し
  • 組織風土改革

DX時代のための、CACのソリューションコンセプトHuman Centered Technology

DX時代のための、CACのソリューションコンセプト Human Centered Technology